OCEAN VOICE -with Keep on Cast !!-

ジグヘッド単体にこだわってるアジ専門?ブログ。最近はMキャロに手を染めようとしています。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アジのバイトってこんな感じ!乗せアタリ続編

皆さん、週末は楽しい釣りをされましたか?。

オ、オラは楽しい仕事でした、、、_| ̄|○

え~、大変お待たせいたしました………んっ?誰も待ってない?…



「アジのバイトってこんな感じ!乗せアタリ」 続編です。
ただし文章のみの長~い記事ですので、「んなことは知ってるわぃ!」と言う方はスルーしてくらさい。。。
でも「そりゃ違うだろ~」と言う方はぜひコメントくらさい。。。お待ちしてま~す。





乗せアタリ 前編はこちら!



、、、それでは続きです。



ジグヘッドがボトムに到達したら、まず丁寧にラインスラッグを取ります。
ただ単にリーリングしてたるんだラインを巻き取るんじゃなくて、ロッドでラインのたるみを取っていくんです。

オラがやってる方法は、まずロッドを7時の方向から10時~11時の方向にゆっくり上げます。
このとき全く無抵抗に「スーッ」とロッドを上げることが出来ればラインのたるみだけを取っている事になります。
数回この作業を繰り返すと無抵抗の「スーッ」から「ツーッ」というわずかな抵抗を感じる瞬間*1があります。
「抵抗を感じる = ジグヘッドを引っ張っている」 と言う事になり、ラインのたるみをしっかり取ったことになります。ただし、潮の流れが当然ありますので水の中のラインは一直線ではないかもしれません。
*1
これはジグヘッドの重みやワームのリブが水の抵抗を受けているからなんですが、これは1lbの超極細ラインだから感じ取れるのではないかと思っています。オラは2lb使用時より感じ方が数段違うように思います。超極細ラインは色々な点でアドバンテージがあります。細すぎるがゆえの弱点も確かにありますが、それらをはるかに上回るメリットがあります。
例えば
水中の抵抗が少ないのでルアーの動きがダイレクトに伝わる、1g位の軽量ジグヘッドがラインを引っ張って飛んでいく、ラインに浮力がないので軽量ジグヘッドが素直にフォールする、などがあります。

ライン記事はこちらをご参照ください。


アジ用フロロライン、インプレッション

続・アジ用フロロライン 飛距離編

続・アジ用フロロライン フォール編

1lbラインが良いんじゃなくて、その細さ(ラインの直径)が良いんです。
2lb、3lbの強力があって、直径0.09mmのラインをクレハさん出さないですかね~。





こうしてラインのたるみをとったら次はリフト&フォール*2です。
このリフトする瞬間に乗せアタリがありますので、それを感じ取るために指先や五感に神経を尖らせてロッド操作をしてます。

*2
リフト時のロッド操作はだいたい8時の方向から10時くらいの方向へゆっくりと立てて行くときもあれば、リアクション狙いで「スッ!」と立てたり、「チョンチョン!」とティップを上下にあおってから立てたりしています。その際、リーリングは一切してません。
ロッドが10時にきた時を頂点にしてジグヘッドをカーブフォールさせます。
このときのラインスラッグなどの対処は以下の方法でやってます。


10時の方向にロッドを向けたまま、カーブフォールさせてます。ジグヘッドが水を切りながらカーブフォールしていることを感じつつ、ラインが少しずつたるんでくるので、そのたるみをリーリングで取ります。カーブフォールでこちらに向かってくるスピードと同じくらいの速度でラインを巻き取りますので、超スローなリーリングです。この時のロッドの位置はリーリングとシンクロさせながら10時から9時の方向へ下げていきます。
で、再度リフト&フォールに移ります。

メリット
フッキング体勢がほとんど変わらない。

デメリット
あまりない、、、強いて言えば常に超スローにリールハンドルを回しているので、多少なりともその作業に気を使う。


と、まぁ恥ずかしげもなく独りよがりなリフト&フォールを書いてみました。


ココからが乗せアタリの妙味です。

前述の動作でボトムからジグヘッドをリフトした際にわずかな重みを感じるんですよ。例えて言うなら、まったりとしたウィードに引っ掛かった感じですかね~。ティップがほんのわずか入る感じ?ボトムにあるジグヘッドをすでに口で押さえこんでる?みたいな・・・表現が微妙に難しいです。
とにかく 「コッ」 みたいなミニマムバイトではありません。
モッ」って感じのほんのわずかな重み?を感じたら即掛けです。
慣れないうちは、その重みを根掛かる前兆だと勘違いして「これ以上リフトすれば根掛かる!」と思われるかも知れませんが、「キター!」と思ってフッキンしてみてください。アジが釣れちゃいます。でも、もしかしたら根掛かりかも知れません、、、って、どっちやねん。^^;
でもこのアタリに慣れてくると、この感覚がクセになってきます。


昨年の9月にドシャローで、この乗せアタリが炸裂したことがあったんですよ。
釣友エル君「もうえぇ」と言ってロッドを置いたのはホントれす、、、|゚Д゚)))コソーリ!!!!




ただしこの釣り方で根掛かってもジグヘッドは弁償できませんのであしからず~、、、(・∀・)/~~





アジネタでがんばっていきますので、一回ほどポチしてくださると涙を流して喜びます!

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| アジのバイト | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フォール時ではなくリフト時ってのが興味あります。リフトと言ってもリグを水平移動させる感じでしょうか?ただ巻きやフォールではこの様なアタリはでないのでしょうか?
う~ん面白いですねぇ(´~`;)

| ゆっちん | 2010/02/22 12:07 | URL |

ゆっちんさん

そうなんですよ、リフトアップ時にこういう感じの「乗せアタリ」があるんですよ~。不思議なことに、ただ巻やフォール時に「乗せアタリ」を感じたことがないんです。(オラが鈍感なだけかもですが、、、)

>リフトと言ってもリグを水平移動させる感じでしょうか?

わかりにくい記事でゴメンなさい。ボトムから斜め上にロッドでリフトアップしてるつもりですので、水平移動ではありませんです。今度機会があったらマンガを描いてみます。^^;

| ライト | 2010/02/22 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keeponcasting.blog107.fc2.com/tb.php/32-ed724ed9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。