OCEAN VOICE -with Keep on Cast !!-

ジグヘッド単体にこだわってるアジ専門?ブログ。最近はMキャロに手を染めようとしています。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アジの脳天締め、リアル編(ちょいとグロイかも)

え~、大変お待たせいたしました。
「グロクてもいいから早く書け!」
との大反響がありましたので記事をUPすることにしました~ ←うそこけ!


では早速、、、

爪楊枝の角度が急角度に入り過ぎてますが、刺すポイントは大体この位置です
アジ〆


正面から見るとこんな感じです 
本人はど真ん中に刺したつもりになってますが、ビミョーに右へずれてます
アジ〆 (2)
右目と左目の間に視神経があって、その真後ろに脳ミソがあるんです


角度を修正して真横から写してみました~
アジ〆 (3)


問題のグロイ写真です
爪楊枝が突き出たトコ付近に白い脳ミソがあるんです
アジ〆 (4)


正確には緑の丸印のちょい奥です ここに命中すると口をパカッと空けてご臨終になります
アジ〆 (4)”


以上、脳天締めの説明でした~
即殺の作業をするうえで脳ミソの位置がだいたい解ってると、どうすればいいのかイメージしやすいですよね。


で、そのメガアジを刺身にしてみました~


血抜きがしっかり出来ているので全く血が滲んでません。
アジ捌き (3)

三枚に卸して~
アジ捌き (4)

皮を剥いで~
アジ捌き (5)

メガアジの刺身の出来上がり~ 題して「メガ刺し!」
アジ捌き (6)
どうです?この身の厚み、うまそうでしょ?お味は★三つでつ!(まちゃあき風)



でもですね、何でもやりだすと奥が深いんで一概には言えないのかもしれませんけど、
刺身ってある程度は誰でも簡単に出来ちゃうんですよね。


オラのささやかな夢があるとです。


それは、、、尺アジのうまい干物を作ること!



これまでに結構な数のアジの干物を作ってきましたが、なかなかうまく出来ません。
立て塩の濃度変えてみたり、干す時間を変えてみたり、、、
NEC_4406.jpg

そうそう、立て塩は海水に食塩を少し足したのが一番よかったように思います。

でもお店で売ってるようなおいしいアジが出来ないんです。
あのアミノ酸たっぷりのウマい干物が出来ないんです。
最近は作るのが嫌になってきたくらいです。。。

干物は簡単にできて失敗しないなんていう話を聞きますが、信じられません。
ど、どなたか作り方を教えてくらはい。
↑これマジですにょ 、、、|∀・)



アジネタでがんばっていきますので、一日一回ほどポチしてくださると涙を流して喜びます!
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
スポンサーサイト

| アジの締め方 | 07:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メガサイズになると刺身の厚さが違いますね^^

それにしてもライトさん魚さばくのお上手ですね!

| にゃり | 2010/11/20 01:16 | URL |

にゃりさん

メガ刺し、二度と味わえないかもしれないんで心して食べました~。^^
三枚卸しはどれだけ失敗した事でしょう。。。手もよく切りました~。
最近は多少慣れてきましたけど、それでも時々失敗しちゃいますから。

| ライト | 2010/11/20 12:07 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/06/26 12:23 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keeponcasting.blog107.fc2.com/tb.php/107-fb5bcd2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。